アダルトアフィリエイト実践記

ワードプレスでグーグルアナリティクスを正しく設置する方法

 


Google Analyticsを設置する方法はいろいろあるようで、

  • <head>内に直接記入する
  • プラグインを使う

などの方法があります。

私の場合、<head>内に直接記入していたのですが、グーグルのサイト表示診断「PageSpeed Insights」でサイトを診断すると、「グーグルアナリティクスのソースがサイトの表示を遅くしている」と診断されてしまいます。

そこで、解決方法を探しているとこちらの記事を見つけました。

Google Analytics のトラッキングコードをプラグインなしで埋め込んでみました:Google の推奨する PHP の設定方法

どうやら、グーグルアナリティクスは「analyticstracking.php」と言うファイルを生成して読み込ませる方法がグーグルが推奨するやり方のようです。

テーマ「THE WORLD」の場合

テーマ「THE WORLD」の場合、「詳細オプション」から「アクセス解析タグ」を入力できる場所があります。

通常はここにアクセス解析のソースを記入するのですが、おそらくこれは「忍者アクセス解析」や「i2i」などの無料アクセス解析を設置するためのもののようです。

なので、実際はフッターにアクセス解析が表示されます。

THE WORLDでの正しいグーグルアナリティクスの設定方法

THE WORLDではグーグルアナリティクスの設置に必要な各ファイルへのソースの記述と「analyticstracking.php」ファイルが用意されています。

</head>
<body>
<?php include( TEMPLATEPATH . '/analyticstracking.php' ); ?>

Unlimited Template「THE WORLD」 default ver: テーマヘッダー (header.php)より

「analyticstracking.php」へグーグルアナリティクスのソースをコピペする

「analyticstracking.php」の原型は、

<?php /*
Template Name: アナリティクス
*/ ?>

こうなっていますが、これをすべて削除して、グーグルアナリティクスのトラッキングコードをコピペします。

これだけでグーグルアナリティクスを正しく設置することができます。

実際にやってみたら今のところ問題なく上手く表示されています。

まとめ

さんざん苦労して設置したグーグルアナリティクスですが、高機能すぎてかえって使い勝手が悪いので、「アクセス解析研究所」(クルックの後継)への移行を検討中です^^;。

アクセス解析研究所はこちら

 

ワードプレス便利技   0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: