アダルトアフィリエイト実践記

functions.phpを間違って上書きしてしまった時の対処法

 


先日、メタディスクリプションの指定条件を変更しようとした際に、functions.phpにソースを追加する必要がありました。

ところが、ソースを追加してみるとエラーが出て画面が真っ白に、、、。
パニックになり慌てて修正をすると余計にひどい状態になってしまいました。

なんとか復旧することができましたので、備忘録として記録しておきます。

functions.phpにソースを追加する場合は<?php   ?>の間に記入する

functions.phpはファイルの一番上の「<?php」から始まりファイルの一番下の「?>」があるので、ソースを追加する場合は、必ず「<?php   ?>」の間に追加するようにしてください。

【例】

<?php

他のソース
他のソース
他のソース

他のソース

remove_filter('term_description','wpautop');(←追加したいソース)

?>

私はこのことを知らずに一番下の「?>」のさらに下に追加してしまい、エラーが出て画面も頭の中も真っ白になってしまいました。

エラーになったらFTPソフトを使用してfunctions.phpを修正する

もしエラーになってしまった場合はFTPソフトを使用して、functions.phpに間違って追加してしまったソースを修正することで復旧することができます。

ただし、フォルダ内にはfunctions.phpが2つあるので注意が必要です。

  • public_html/ご自分のサイト名.com/wp-includes/functions.php
  • public_html/ご自分のサイト名.com/wp-content/themes/使用しているテーマ名/functions.php

その内、修正が必要なのは下の「テーマ」の中にあるfunctions.phpです。

もし誤って「wp-includes」のfunctions.phpを上書きしてしまった場合は、ワードプレスの公式サイトよりワードプレスをダウンロードして、それを解凍し、wp-includes内のfunctions.phpを上書きします。

そして、もう一度テーマ内にあるfunctions.phpのエラーを修正・確認すれば復旧できます。

私は突然のエラーに戸惑い、パニックになっていたので「wp-includes/functions.php」の方を上書きしてしまいました。

もしエラーになってしまった場合

エラーになってしまった場合はこちらの記事を参考にしてみてください。
私はこの2記事のおかげでなんとか復旧することができました。

functions.phpの使い方。編集して真っ白になったら確認(WordPress)

画面が真っ白になってログインできなくなってしまいました。

まとめ

functions.phpはちょっとでも間違えると画面が真っ白になってしまうので、本当に焦ります。

functions.phpをカスタマイズする場合は、くれぐれも慎重に行ってください^^;。

 

SEO対策   0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: