アダルトアフィリエイト実践記

アフィリエイトを始める前に知っておきたい見出しタグの正しい使い方

 


h1やh2などの見出しタグはSEO上とても重要とされていますが、どのような使い方が正しい見出しタグの使い方なのでしょうか?

記事を書くときに効果的で正しい見出しタグの使い方を調べてみましたのでご紹介します。

見出しタグとは?

見出しタグとは「<h1>見出し</h1>」このようなタグのことで、文章の見出しとして使われます。

h1~h6まであり、数字が小さいほど重要な見出しであることを示します。

見出しタグを表すhはHeadingの頭文字で文字通り見出しをさします。

見出しタグを階層的に考えるとわかりやすい

一般的に「見出しは数字の小さい方から順番に使うと良い」と言われていますが、正確には「見出しは階層的に使用した方が良い」のではないかと思います。

例えば、「スポーツの種類」と言う記事を書くとします。

良い例

<h1>スポーツの種類
   <h2>球技
      <h3>サッカー
      <h3>バレーボール
   <h2>陸上競技
      <h3>100m走
      <h3>マラソン
   <h2>格闘技
      <h3>柔道
      <h3>ボクシング

 

このように見出しを階層的に使うと内容をすぐに把握することができます。

悪い例

<h1>スポーツの種類
<h1>球技
<h2>サッカー
<h3>バレーボール
<h1>陸上競技
<h2>100m走
<h3>マラソン
<h1>格闘技
<h2>柔道
<h3>ボクシング

 

このような見出しの付け方は一見正しいようですが、hタグの使い方としては正しくないようです。

それほど悪くない例1

<h1>スポーツの種類
   <h3>球技
      <h4>サッカー
      <h4>バレーボール
   <h3>陸上競技
      <h4>100m走
      <h4>マラソン
   <h3>格闘技
      <h4>柔道
      <h4>ボクシング

 

このように数字が大きくても特に問題はないみたいです。

それほど悪くない例2

<h1>スポーツの種類
   <h2>球技
   <h2>陸上競技
   <h2>格闘技

 

記事の内容によっては無理に階層を深くする必要はないようです。

見出しの付け方を参考にするのは書籍が最適

「見出し」がきちんと使われている一番身近な例は書籍だと思います。

見出しや段落の使い方、段落の間隔の開け方、見出しの付け方や文字数など非常に参考になります。

特に横組みの書籍が参考になります。

まとめ

「h1はページ内に一つにした方が良い」と言われていますが、サイト名と記事投稿名にh1を2つ使っているサイトも沢山あります。
また「グーグルは見出しなんて見ていないから気にする必要はない」と言うような意見もあります。

しかし、できれば見出しタグの正しい使い方は知っておいた方が良いですし、自分としてももっと早く知っておきたかったのでご紹介しました。

見出しタグを正しく使ったうえで、見出しにキーワードを入れることでSEO効果が見込めるのではないかと思います。

 

SEO対策   0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: