アダルトアフィリエイト実践記

リビジョンの保存数を制限し不要なリビジョンを削除する方法

 


前々から気になっていたワードプレスの「リビジョン」と言う機能。

ワードプレスでは記事を書いている最中にフリーズしたり、誤ってブラウザを閉じたりしても記事を復元できる機能があります。これが「リビジョン機能」です。言ってみれば下書き保存をしてくれる機能です。

とても便利なようですが、この「リビジョン機能」は保存をする度に別ファイルとして保存していってしまうので、不要なデータがどんどんと増えていってしまいます。

そこで、リビジョンの保存回数を設定できるプラグインと、不要なリビジョンを削除するプラグインをご紹介します。

リビジョンの保存回数を設定する

リビジョンの保存回数を制限するには「Revision Control」というプラグインを使います。

「Revision Control」の使い方

「Revision Control」をインストールして有効化します。

「設定」→「リビジョン」を選択。

2015y10m16d_182649527

デフォルト設定では「無制限」になっているので、お好みの保存回数に設定します。

これだけで、リビジョンの保存回数を制限することができました。

不要なリビジョンのデータを削除する

次に不要になったリビジョンのデータを削除します。

使用するプラグインは「Better Delete Revision」です。

Better Delete Revisionの使い方

「Better Delete Revision」をインストールして有効化します。

「設定」→「Better Delete Revision」を選択します。

2015y10m16d_184317314

「Cheack Rivision Posts」をクリックして、不要なリビジョンを検索します。

「Yes,I would like to delete them! (A Toltal Of ○)」をクリックすると不要なリビジョンを削除することができます。

まとめ

リビジョンが溜まりすぎるとデータベースを圧迫してサイトの表示が遅くなるとも言われています。

ただ、アダルトアフィリエイトサイトの場合、そこまで大規模なサイトを作るわけではないので問題ないかとは思います。

余計なファイルが残っていると何か気持ち悪いと思う場合は、不要なファイルを消すことですスッキリすることができます。

参考記事

リビジョンの削除についてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

Revision Control - WordPressのリビジョンを削減してデータベース容量を減らせるプラグイン

 

ワードプレス便利技   0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: