アダルトアフィリエイト実践記

SEO内部対策の書籍を参考に記事の書き方を変えてみました

 


書籍「これからはじめる SEO内部対策の教科書」を参考に、AAMPテレアポサイトの記事更新方法を少し変更してみました。

タグキーワードをたくさん入れるようにする

ワードプレスでは記事を書くときに「タグ」を入れることができます。

最近では「タグを入れる効果はあまりない」という記事をよく目にしていたので、タグは2次的なカテゴリーとして使うつもりでいました。

しかし、書籍「これからはじめる SEO内部対策の教科書」では、今でもメタキーワードが効果がある検索エンジンがあるので、メタキーワードを記入しておいた方が良いとありました。

私が使用しているワードプレスのテーマ「THE WORLD」ではタグに入力した単語がメタキーワードに指定されます。

なので、今後はテレアポサイト更新時にタグキーワードを3つ4つと沢山入れるようにしてみます。

※追記

グーグルはタグキーワードを見ていないらしいので、現在はタグはユーザビィリティ向上のためだけに使っています。

動画情報をリストタグ表示するようにする

「これからはじめる SEO内部対策の教科書」によれば、できるだけリストタグを使用した方が良いということなので、「女優名」や「動画再生時間」などの動画データを「リストタグ」で表示するようにしてみました。

出演:上原亜依

動画再生時間:01:03:12

を、リストタグで表示すると、

  • 出演:上原亜依
  • 動画再生時間:01:03:12

このようになります。

これからはこのように記事を書くようにしてみます。

<h1>に文章を入れるようにする

ワードプレス(テーマ「The Wolrd」)では記事ごとにh1タグを指定できます。

これまで、h1タグにはキーワードを入れていました。

例:上原亜依 無修正 デビュー

しかし、h1にはできるだけ文章を入れた方がよさそうなので、今後はh1にはできるだけ単語ではなく文章を入れるようにしたいと思います。

また、h1タグは本来titleタグとも違う方がよさそうなので、できれば記事タイトルと変えた方が良いので、できるだけタイトルとは異なる文章をh1をに入れようと思います。

※追記

これも現在停止してみています。

個別にメタディスクリプションを入れる

テーマ「The Wolrd」の場合、投稿記事ごと個別にメタディスクリプションを設定しない場合、冒頭の60文字が指定されてしまいます。

これまで、記事の先頭には動画のタイトルや出演者名などを書いてきましたが、これだとメタディスクリプションが意味不明な文章になってしまいます。

ちなみに、メタディスクリプションとは検索エンジンで検察した時に記事タイトルの下に表示される、その記事の説明文です。

なので、できるだけメタディスクリプションを記事ごと個別に記入するようにします。

まとめ

効果があるかはわかりませんが、しばらくこの方法で記事を更新してみます。

 

SEO対策   0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: