アダルトアフィリエイト実践記

テーマをカスタマイズせずにSEO効果が確実にある記事の書き方を模索中

 


書籍「SEO内部対策の教科書」に沿ってSEO対策をするつもりでしたが、ワードプレスではテーマの影響が大きいようでそうそう思うようにはいきませんでした。

テーマをカスタマイズするにはプログラムを書く知識がないといけません。加えて「どのようにテーマをカスタマイズすることがSEOに有効なのか」も知っていなければなりません。当然、ウェブデザイナーでもない、プログラマーでもない、webコンサルタントでもない私には難しいわけで、、、。

だからこそ、有料のテーマを使用しているのですから上手く使わなくてはもったいない!

と言うわけで、今使用しているテーマを生かしつつSEOに最適な記事の書き方をするために、これまで適当に行ってきた記事の書き方を見直すことにしました。

ページのソースをチェックする方法

ページソースのチェックの仕方を一応確認と言うことで。

「右クリック→ページのソースを表示」
もしくは
「Ctrl+U」を押すと、ページのソースが表示されます。

「Ctrl+F」で探したいタグを検索できます。


この方法を覚えておけば、他の強そうなサイトをチェックできるようになるので便利ですよ!!

検索エンジンはこのソースをもとに判断するので見た目と同じくらい大切なようです。

個別に指定したh1を削除することにしました

THE WORLDのh1表示位置

ワードプレステーマ「THE WORLD」ではh1はこの位置に表示されます。

このサイトのタイトル名の上をご覧ください。

seo kiji no kakikata 01

個別にh1を指定するとこのようにサイトタイトルの上に表示されます。h1を個別に指定しないとトップページに指定したh1が表示されます。

他のサイトではh1が記事タイトルになっている

他の強そうなSEO関連のサイトを調べてみたところ、記事タイトルをh1にするのが主流のようです。

テーマ「THE WORLD」のバリエーションによっても内部構造が異なるようですが、今アダルトサイトに使用しているバリエーションでは記事タイトルがh3に指定されます。

THE WORLDではh1をあまり重要視していない?

THE WORLDでは投稿記事ごとにh1を指定することができますが、h1をあまり重要視していないような気がします。

マニュアルをチェックしてみても「記事ごとにh1を指定したい方のために実装しました」とあり、後から追加された機能のようです。

また、記事ごとにh1を指定しない場合は、トップページに指定したh1キーワードがそのまま使用されます。

ここまで<h1>についてまとめてみると
  • h1を記事タイトルにするのが主流なようです
  • THE WORLDでは記事タイトルがh3になる
  • テーマをカスタマイズするには知識が必要
  • 記事タイトルとは別にh1を指定しても重複してしまう
  • 記事タイトルをh1にコピーしているサイトもあるがSEO効果があるのか怪しい

よくわからないままh1を個別に指定してもSEO効果があるかわからないので一旦削除しすることにしました。

メタキーワードを個別に指定することは諦めました

seo kiji no kakikata 3

THE WORLDではメタキーワードにはカテゴリー名とタグが指定され、メタディスクリプションは個別に記入することができます。

また、THE WORLDではないテーマを使用していても、有名なプラグイン「All in one seo pack」や「Meta manager」を使えば、この2つを指定することができます。

ただし、THE WORLDではこのプラグインはうまく機能しませんでした。

グーグルはメタキーワードを見ていない

THE WORLDではメタキーワードを記事ごとに記入することができません。

これには「グーグルはメタキーワードを見ていない」と言われているのを、THE WORLDが取り入れているからだと思います。

(ちなみにグーグルは日本の検索エンジンのシェア94%を占めます)

実際に強そうなサイトを見るとメタキーワードを個別に指定しているサイトが多く「メタキーワードを書かないよりかは書いた方が良い」ぐらいのおまじない感覚で指定しているサイトが多いようです。

本当はメタキーワードを指定したいのですが上手くプラグインが働かないし、メタキーワードは意味がないと言われることも多いので、メタキーワードを指定することは諦めました。

Meta Descriptionは今のところ保留

テーマ「THE WORLD」では記事ごとにmeta descriptionを指定することができます。

個別に指定しない場合は記事の冒頭60文字が自動で指定されますが、このままでは文章が途中で切れてしまいます。

しかもメタディスクリプションは100文字ぐらいが適当と言われているので60文字は短い。

「メタディスクリプションは個別に指定した方が良い」と言うのをよく見かけるので、記事ごとに書いていった方が良いのかもしれません。もう少し調べてから判断します。

まとめ

テーマをカスタマイズしないで"確実"にSEO効果がある記事の書き方を模索中です。

テーマをカスタマイズするくらいなら、初めから最適なSEO対策がしてあるテーマを探すか、テーマが持っている機能を有効利用した記事の書き方をした方が無難なようです。

あいまいなSEO対策をしても効果がなければ無駄な労力でしかありませんからね。

 

SEO対策   0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: