アダルトアフィリエイト実践記

基本的なSEO内部対策を行ってみることにしました

 


AAMPマスターフォーラムでSEO対策の書籍を紹介していただきました。

教えていただいた書籍に基づいて、営業サイトとテレアポサイトに基本的なSEO対策を行ってみることにしました。

これからはじめる SEO内部対策の教科書

紹介していただいた書籍はこちらです。
この本に沿って、営業サイトやテレアポサイトに基本的なSEO対策をしてみます。

ブログで紹介することを了承していただきました^^;。

この本は「内部対策」のみを行う書籍なので、被リンクなどの外部対策は行いません。

これまでSEO対策は全く意識してきませんでした

ところで、SEO対策は詳しいですか??私は全くです^^;。

「しっかりとしたコンテンツを作ることが一番のSEO対策」と、よく目にするので、「とにかく良いコンテンツを作ればよい」「記事をたくさん書けばよい」と思っていました。

「ウェブコンテンツSEO」「ロングテール」と言うやつですかね。

それにしても、基本中の基本のSEO対策だけでもしておいた方が、ちょっとでもアクセスが増えるのではないかと思い、頑張ることにしました。

アクセス増えてほしい~~><;。

基本的なSEO内部対策を開始

「これからはじめる SEO内部対策の教科書」の初めに出てきたSEO対策は、

  • title(タイトル)
  • meta name="description" (メタディスクリプション)
  • meta name="keywords" (メタキーワード)
  • <h1>及び<h2>~<h6> (見出し)

これらのタグをルールに沿って最適化することです。

知っている方にとっては当たり前のことだと思うのですが、苦手な方も多いのではないでしょうか??私も「何となく知っている」程度でしたw。

「う~ん、面倒くさいな~」とは思いつつ、この書籍に沿ってまずは営業サイトを修正することにしました。

ところが、ワードプレスの場合、どうやってこれらを設定したらよいのかわかりません。
う~ん。でも、なんとかせねば、、、、。

タグの調べ方

その前に、基本的なことを一応ご説明します。

ご存知の方も多いとは思いますが、これらのタグ情報(ソース)を調べる方法があります。

調べたいサイトの適当な位置で右クリックをします。

「ソースの表示」をクリックします。

すると、そのサイトのHTMLソースが表示されます。

そこで、「Ctrl+F」で調べたいタグを見つけることができます。
人気のあるサイトを調べたりする時に便利です(笑)。

ワードプレスの場合、テーマによって設定が異なる

話は戻って。

私の場合、全てのアダルトアフィリエイトサイトをワードプレステンプレート「THE WORLD」で作っています。

いろいろ調べてみると、どうやら、ワードプレスの場合、使用しているテーマによって、タグが設定されるルールが異なるようです。

そこで「THE WORLD」のタグの特徴をピックアップしてみました。

「THE WORLD」のタグ設定のルール

  • <title>には記事投稿名とサイト名が「○○○ | サイト名」のように指定される
  • 記事ごと個別に<h1>を指定しないと「詳細オプション」で指定した「h1タグ」が表示される
  • <h2>はサイト名が表示される
  • 記事投稿名が<h3>になる
  • 記事カテゴリーとタグに追加した文字が<meta keywords>になる
  • メタディスクリプションを記事ごとに個別指定しないと、記事の冒頭60文字が<meta name="description">として指定されてしまう。
  • トップページでは「一般設定」「キャッチフレーズ」がメタディスクリプションに設定される
  • トップページに固定ページを指定すると固定ページの内容がメタディスクリプションに指定される
  • 「THE WORLD」では<h1>はキーワード的な扱いをしている?

できる範囲で営業サイトにSEO対策を行ってみました

「これからはじめる SEO内部対策の教科書」を忠実に実行しようとすると、これらのルールに上手く当てはまらないのです。

「テーマの編集」でカスタマイズすることもできなくはないのですが、ワードプレスをデザインする知識がないと難しそう。

テーマがバージョンアップされるたびに、デフォルト設定に戻ってしまいますし。

というわけで、営業サイトにこれらのSEO対策を、テーマのカスタマイズはしないで、できる範囲で行ってみました。

メタタグを記事ごと個別に設定することが大事なようです

「これからはじめる SEO内部対策の教科書」を見ても他のサイトを見ても、タイトルやメタディスクリプションは個別記事ごとに行っていくことが大事なようです。

最近の流行なのか、ワードプレス自体がそのような作りになっているように感じます。

なので、今後更新するテレアポサイトの記事にこれらのSEO対策を行ってみて、効果がありそうなら、過去記事も修正していきたいと思います。

 

SEO対策   0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: