アダルトアフィリエイト実践記

よく使うソフトはスタートアップに登録しておくと便利

 


ワードプレスで記事を書く際に、クリップボード「Clibor」やキーボードユーティリティーソフト「X  Button Maker」などを使うとショートカットを多用して効率よく記事を書くことができます。

ですが、これらのソフトを使用するには、パソコンを立ち上げる度に毎回ソフトも立ち上げなければいけません。

これでは面倒です。

そこで、毎回のようによく使うソフトをスタートアップに登録しておくだけで自動でソフトが起動する方法をご紹介します。

スタートアップへのソフト登録方法1 スタートアップフォルダを開く

Windows 8.1を対象に説明します。

Windows XPなどではスタートアップを簡単に登録できたのですが、なぜかWindows 8.1だとスタートアップのフォルダが非常に見つけにくくなっています。

登録したいソフトのショートカットを作成する

short cut sakusei

スタートアップに登録したいソフトのフォルダを開きます

次にソフトの上で右クリックをします。

「ショートカットの作成」をクリックするとそのソフトのショートカットができるので、それをデスクトップに移動しておきます。

スタートアップのフォルダを見つける

任意のフォルダを開きます。

「OS(C:)」→「ユーザー名」をクリック。

ここで、フォルダの上にある「表示」をクリック。

2015y10m09d_1419447151

その中にある「隠しファイル」にチェックを入れる。

すると、薄く「AppDate」というのが表示されるので、これをクリック。

「Roaming」→「Microsoft」→「Windows」→「プログラム」→「スタートアップ」と開いていく。

スタートアップを開いたら、ここに先ほど作成した登録したいソフトのショートカットを入れる。

最後に先ほどチェックを入れた「隠しファイル」のチェックを外す。

これで次回、パソコンを起動した時に自動でソフトが立ち上がるようになりました。

 

アダルトアフィリエイト便利技   0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: