アダルトアフィリエイト実践記

ワードプレスのタグクラウドを第二のカテゴリーとして利用する

 


私の場合、ワードプレスでテレアポサイトに記事を追加する際「タグ」を入れて、サイドバーにタグクラウドを表示させています。

これまでタグは「無いよりかはあった方が良いだろう」ぐらいに軽く考えていて、適当にタグを付けてきました。

ところが、テレアポサイトに75記事ほど記事を投稿してきてので、気が付くとタグがいっぱいになって非常に見づらい状態になってしまいました。

そこで「タグ」について考えてみました。

タグのSEO効果について

「タグっていったい何のために入れるの?タグを入れる意味があるの?」と気になったので、タグについて調べてみました。

すると、現在ではタグのSEO効果はほとんどないようです。

ですので、タグを使用するメリットはユーザビリティの向上のためだけのようです。

ワードプレスに標準装備されているタグクラウドについて

ワードプレスには「タグクラウド」が標準装備されていますが、次のような短所があります。

  • 50個までしか表示されない
  • 50音順らしき順番で勝手に表示されてしまう
  • 使用頻度による昇順や降順の並べ替えができない
  • 使用頻度によってフォントが大きく表示されてしまう

このように標準装備のタグクラウドは使い勝手が悪いです。

ワードプレスプラグイン「Simple Tags」について

ワードプレスのプラグインに「Simple Tags」と言うタグクラウドの細かい設定ができるプラグインがあります。

このプラグインを使えばタグを使用頻度順に並べたり、50個以上表示したりと自由にカスタマイズできます。

ただ、若干見づらい気がします。

タグを利用して第二のカテゴリー分けをする

テレアポサイトでカテゴリーを「サイト別」にしたとします。

サイト訪問者が特定のプレイ内容を探している場合、サイト別にカテゴリー分けされていても探すことができません。

そこでタグが整理されていると探しやすくなります。

他にも年代別や女優名など分かりやすくタグを付けて、タグを第二のカテゴリーとして利用し、訪問者が目的の記事を探しやすいようにすると良いと思います。

まとめ

テレアポサイトのジャンルやカテゴリー分けによってタグの使い方も変わってくると思います。

もしくは最初からタグを全く使わない人も多いと思います。

タグを使う場合は、最初の内はタグの量も少ないですが、量が増えるととても見づらくなってきます。

最初の内はどのようなタグにするか悩むと思うので、ある程度タグの量が増えて混み合ってきた頃に整理すると良いかもしれません。

あまりタグクラウドがゴチャゴチャし過ぎて「見づらいサイトだな」と思われたくないですからね。

私もこの時点で一度整理したので、またしばらくしてタグの量が増えすぎたらもう一度整理したいと思います。

Simple Tagsや標準装備のタグクラウドを使ってユーザビリティを向上させ、少しでもPVを増やすことが大切だと思います。

追記 2016/1/4

現在ではSEO対策目的で、タグをできるだけ沢山入れるようにしています。

追記 2016/1/18

現在はタグはSEO目的ではなくこの記事のようにカテゴリー代わりに使用しています。

 

ワードプレス便利技   0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: